ZGUSTA Richard

Richard ZURGSTA リチャード ズグスタ

E-mail zgusta[at]hus.osaka-u.ac.jp
博士論文の空間的象徴性の研究のために日本、韓国と東南アジア諸国でフィールドワークを行いました。また1990年代の夏と冬には複数回にわたり北アジアの先住民の文化を調査しました。そして2016年前期にインドネシアの中央カリマンタン州でトムン族の文化を調査し、現在の研究テーマはトムン族の口承史とコタワリンギン王国の歴史(Hikayat Kotawaringin)の比較です。

専門分野

歴史人類学、民族学

研究主題

  • 学際通時的再構成、東南アジア(特にボルネオ島)、北アジア(特に沿海州とサハリン島)、東欧(特にモンテネグロ)

キーワード

歴史人類学、エスノヒストリー、エスノジェネシス

学歴

1975
University of Illinois, B.A.
1978
University of Hawaii, M.A.
1987
東京大学、社会学博士

学位

1987 社会学博士(東京大学)

主要職歴

1990
大阪外国語大学助教授
現在
大阪大学教授

著書

1991
Dwelling Space in Eastern Asia. Publications of Osaka University of Foreign Studies
2015
The Peoples of Northeast Asia through Time. Brill

論文

1994
「モンテネグロ部族の構成」『大阪外国語大学論集』11:187-202
2004
The Jesup North Pacific Expedition (1897-1902) and the Amur-Sakhalin Region. Bulletin of Asia-Pacific-Studies 14:3-30
  他

PAGE TOP