中川 敏 なかがわ さとし 教授

E-mail satoshi[at]hus.osaka-u.ac.jp
東インドネシア、フローレス島のエンデにおいてフィールドワークを行なっている。最近ティモール・レステ(東ティモール共和国)でも調査を開始した。儀礼的交換に焦点をあてて、(ティモール・レステを含む)東部インドネシアの比較研究を試みる。理論的には人類学の基礎理論として、文化相対主義の可能性について考察している。

専門分野

文化人類学

研究主題

東インドネシアの人類学的比較研究、理論人類学の構築

キーワード

エンデ、親族、交換、規約、解釈

学歴

1976
東京大学教養学部卒
1978
東京大学大学院社会学研究科文化人類学専門課程第1種修士課程修了
1984
東京大学大学院社会学研究科文化人類学専門課程第1種博士課程単位取得退学

職歴

1984
京都大学東南アジア研究センター助手
1989
大阪国際大学講師
1990
大阪国際大学助教授
1996
大阪国際大学教授
1997
大阪大学助教授
1999
大阪大学教授

所属学会

  • オランダ王立言語人類学会
  • 日本文化人類学会

著書

1996
『モノ語りとしてのナショナリズム』金子書房
1992
『異文化の語り方』世界思想社
1992
『交換の民族誌』世界思想社

論文

2008
「コスモスからピュシスへ:人類学的近代論の試み」文化人類学72 4 pp.466-484
2003
「「宗教とは何か」とは何か」民族学研究
2002
「未開の人格、文明の人格」
2001
「人類学の正義と正義の人類学」杉島敬志編『人類学的実践の再構築―ポストコロニアル転回以後』152-171頁 世界思想社
1999
「学校者と出稼ぎ者―エンデの遠近両用眼鏡」『国立民族学博物館研究報告』23(3) 635-658頁
1997
「交換か蕩尽か―気前のよさについて」『『もの』の人間世界』(岩波講座文化人類学第3巻) 岩波書店
1989
「アロール島の民俗経済学」『民族学研究』54(1) 44-68頁
1988
"The Journey of the Bridegroom: Idioms of Marraige among the Endenese," in J.J.Fox (ed.) To Speak in Pairs: Essays on the Ritual Languages of Eastern Indonesia, Cambridge University Press
1982
「フローレス島中央部エンデ族における農耕サイクル、および関連諸儀礼」『東南アジア研究』20(3) 393-404頁
1979
「スンバ島における時・空間表象」『民族学研究』43(4) 355-377頁

PAGE TOP