賈 玉龍
カ ギョクリュウ

宗族、親族、つながり、中国

研究課題
中国漢族の人間関係に関する人類学的な研究
研究関心
親族、人間関係、つながり、風水、平和の人類学
対象地域
中国湖北省随州市
研究内容
研究上の関心は中国漢族の人間関係である。具体的には、日常的な実践において、中国漢族の親族・人間関係はどのように構築・維持されるのか;中国漢族の理念では、何が親族・親密関係として見なされるのかについて興味を持っている。現在は、中国湖北省の「宗族村」で調査を行い、人間関係における多様な「つながり」を考察している。また、自然/文化の二項対立にまたがる「つながり」概念を中心に、中国の親族・人間関係を親族の比較研究へと接合する可能性を模索している。
研究業績

論文等

2014「<論文>モノが媒介する平和――紫金草平和運動を中心に」、修士論文、北海道大学大学院文学研究科提出【査読あり】

2017a「<論文>草の根からの日中平和―紫金草平和運動を中心に」『日中外交関係の改善における環境協力のの役割(若者が考える日中関係Vol.3)』:107−124 日中関係学会(編) 宮本雄二(監修)日本僑報社 【査読あり・日本日中関係学会第5回宮本賞 優秀賞受賞論文】

2017b「<書評>瀬川昌久・川口幸大編:『<宗族>と中国社会』 風響社」『年報人間科学』第38号:69−73 大阪大学人間科学部社会学・人間学・人類学研究室

2017c「<論文>人類学の親族論における宗族研究の再考」『北海道民族学』第13号:15−30 北海道民族学会【査読あり】

 

エッセイ・翻訳

2014a「<エッセイ>日本人講抗戦:操東北話的日本義勇軍随林彪過長江(日本人が語る日中戦争:東北弁を喋る日本義勇軍が長江を渡る)」『澎湃新聞 私家歴史』(2014年8月31日)

2014b「<翻訳>日本人講抗戦:在日本披露“三光”政策(日本人が語る日中戦争:日本で『三光』政策を暴く)」『澎湃新聞 私家歴史』 姫田光義著(2014年9月3日)

口頭発表

2012「コメント」「『平和的生存』を学び、つくる若者達-高知県『平和資料館・草の家』を事例に」第8回北海道歴史文化研究会(2012年9月28日 北海道大学)

2014「モノが媒介する平和――紫金草平和運動を中心に」、日本文化人類学会北海道地区研究懇談会 (2014年3月15日 北海道大学)

2016a「人類学の親族論における宗族研究の再考」、日本東アジア人類学研究会第3回研究大会 (2014年10月8日 北海道大学)【査読あり】

2016b “Zongzu and the concept of ‘relatedness’: The Potential of Studying Chinese Lineage", East Asian Anthropological Association 2016 Conference (2016/10/16 Hokkaido University, Sapporo, Japan) 【査読あり】

2017a「草の根からの日中交流が持つ意味と限界」、日本日中関係学会若手シンポジウム「日中の違いを乗り越えるには」、パネリスト:高橋豪、李文心、賈玉龍、宮嵜健太他(東京学士会館 2017年3月17日)

2017b “Relatedness of ‘Qi’: A Hypothesis of Chinese Lineage", East Asian Anthropological Association 2017 Conference (2017/10/15 The Chinese University of Hong Kong, Hong Kong, China) 【査読あり】

調査歴
1.中国帰還者連絡会について
北海道札幌市(2012年1月、11月、12月、2013年1月、2014年6月)
東京都東京市、埼玉県川越市、岩槻市(2012年9月、2013年12月、2014年11月)
神奈川県川崎市、茅ヶ崎市(2013年11月、2014年12月)
中国遼寧省撫順市(2013年9月)

2.紫金草平和運動について
北海道札幌市(2012年1月)
東京都東京市、府中市(2013年11月、12月)
中国江蘇省南京市(2012年12月、2014年4月)

3.日本の平和博物館について
広島県広島市(2012年8月、2014年11月)
大阪府大阪市(2012年8月)
愛知県名古屋市(2014年8月)
教育歴

2017.4  国立民族学博物館 特別共同利用研究員

2016.4 大阪大学大学院人間科学研究科STA(2017年3月まで) 担当科目:「コンフリクトの人文学Ⅰ、Ⅱ」、「人間科学概論」、「Current Debates of Anthropology」

2016.4 大阪大学大学院人間科学研究科 博士後期課程進学

2014.4 大阪大学大学院人間科学研究科 大学院研究生入学

2014.3 北海道大学大学院文学研究科修士課程修了(文学修士)

2012.10 北海道大学文学部TA (2013年3月まで) 担当科目:「平和の人類学」

2012.4 北海道大学大学院文学研究科 修士課程入学

2011.10 北海道大学文学部 学部研究生入学

2011.7 中国西安電子科技大学人文学部 日本語専攻修了(文学学士)

経歴
2016.4 大阪大学大学院人間科学研究科 TA
2016.4 大阪大学大学院人間科学研究科博士後期課程 進学
2014.4 大阪大学大学院人間科学研究科 大学院研究生
2012.9 北海道大学文学部 TA(―2013.3)
2012.4 北海道大学大学院文学研究科  修士課程  進学 (―2014.3)
2011.10 北海道大学文学部 学部研究生 (―2012.3)
2011.7 中国西安電子科技大学人文学部 卒業
研究助成 / 他

2017.3 第5回日本日中関係学会宮本賞 優秀賞

 

2016.4-野村財団外国人留学生奨学金