松崎遼子
まつざき りょうこ

宗教・巫俗・儀礼・近代化・家族観

研究課題
韓国の巫俗の現代的様相について
研究関心
民間信仰、儀礼空間、口寄せ、家族史、巫俗人の社団法人化、脱地域化、ナショナリズム、一人称民族誌
対象地域
大韓民国
研究内容
巫俗人(シャーマン)と巫俗人団体の現代的変容について、脱地域化・国家指向、レンタル儀礼空間の発生をキーワードに調査しています。
研究業績

2011 「鬼神の哀しさ」『月刊みんぱく』2011年2月号、7頁

2010 「研究ノート: 現代韓国における迷信打破運動 ――― プロテスタントと非キリスト教徒の活動と摩擦」『コンフリクトの人文学』2:309-330

口頭発表

2014.11.28 「韓国都市部における民間信仰ネットワークと貸し儀礼場」、みんぱく若手研究者奨励セミナー、国立民族学博物館。

2008.3 「迷信から伝統へ――韓国巫俗の文化的価値付けをめぐる人々の実践」、日本文化人類学会近畿地区懇談会、大阪大学。

調査歴
2009年3月~現在 大韓民国大邱市を中心にフィールドワーク
2008年9月1日~10月31日、訪問地:ソウル特別市、江原道江陵市、忠清南道扶餘郡。(大阪大学グローバルCOEプログラム院生派遣)
教育歴
2012年7月~ 同校 助教授
2010年3月~ 同校 専任講師
2009年3月~ 大韓民国 啓明大学国際学部日本学科 海外招聘講師
経歴
2008.4 博士後期課程進学
2005.4 博士前期課程入学
2005.3 国際基督教大学教養学部社会科学科卒業
研究助成 / 他
2008年9月~10月31日、大阪大学COEプログラム院生派遣。訪問地:ソウル特別市、江原道江陵市、忠清南道扶餘郡。