奥田若菜
おくだ わかな

ブラジル、ストリート、貧困、格差、路上、物乞い、邪視

研究課題
ストリート、貧困、格差、路上、物乞い、邪視
研究関心
ストリート、貧困、格差、路上、物乞い、邪視
対象地域
ブラジル連邦共和国ブラジリア連邦区/北東部
研究業績

2017  「権威語としてのポルトガル語ー東ティモールにおける公用語化と言語政策の一考察」『グローバル・コミュニケーション研究』神田外語大学グローバル・コミュニケーション研究所紀要

2017 『貧困と連帯の人類学-ブラジルの路上市場における一方的贈与』春風社

2016 『新版 現代ブラジル事典』新評論 (第五章マイノリティ)

2012 「貧困を生きる:ブラジル路上商人の「正しさの規範」と「善さの規範」」大阪大学大学院人間科学研究科提出、博士学位論文

2010 「生活都市としてのブラジリア‐建設労働者と国内移住者の視点から」『Encontros Lusófonos』No.12、上智大学イベロアメリカ研究所、pp. 10-16。

2009 「ブラジリアにおける二つの都市問題」住田育法他編『ブラジルの都市問題-貧困と格差を越えて』春風社

2008 「貧困層として生きる現代ブラジル社会‐都市と北東部を巡る生活史」『グローバル化時代のブラジルの実像と未来』、行路社

2008 「嫉妬する目‐ブラジルにおける邪視と社会格差」『年報人間科学』第28号、大阪大学大学院人間科学研究科社会学・人間学・人類学研究室

2006 「「希望の首都」でありつづけるために」『ポスト・ユートピアの民族誌:トランスナショナリティ研究5』、大阪大学21世紀プログラム「インターフェイスの人文学」

2006 「"不法"にみるブラジリア連邦区の都市問題」『現代ブラジルにおける都市問題と政治の役割』、京都外国語大学国際言語平和研究所

2005 「ユートピアと呼ばれた都市‐ブラジリアと都市貧困層」『年報人間科学』第26号、大阪大学大学院人間科学研究科 社会学・人間学・人類学研究室

2004 「ブラジリア連邦区にみる社会の階層化-政府によるスラム住民強制移住と移転地での住民運動」大阪大学大学院人間科学研究科2003年度提出修士論文

口頭発表

2016 「連帯と社会的距離ー富裕層から貧困層への一方的贈与」日本文化人類学会第50回研究大会、於南山大学

2015 「東ティモールにおけるポルトガル語―公用語化への抵抗と受容」日本ポルトガルブラジル学会第50回研究大会、於東京外国語大学

2012 「ブラジルの路上市場における一方的贈与―ねだり、邪視、物乞い」日本文化人類学会第46回研究大会、於広島大学

2010 「ブラジリア遷都50周年、その建築と社会―首都移転の意義をふりかえる―」上智大学イベロアメリカ研究所主催、於上智大学中央図書館総合研究棟8階。

2009 「物乞いと視線-ブラジリア連邦区における物乞いとねだり-」日本ラテンアメリカ学会第30回定期大会、於東京外国語大学

2007 「社会の暗部か、中心か‐ブラジル低所得者層の経済活動と活動領域の変化」日本ラテンアメリカ学会第28回定期大会、於南山大学

2007 「嫉妬する目‐ブラジル都市部における邪視信仰と社会格差」日本文化人類学会第41回研究大会、於名古屋大学

2005 「"不法"と都市下層民の生活実践」日本ラテンアメリカ学会第26回定期大会、於早稲田大学

2004 「ブラジリア連邦区に見る社会の階層化‐政府によるスラム住民強制移住と移転地での住民運動」日本文化人類学会近畿地区研究懇談会、於国立民族学博物館

2003 「ブラジリア建設・衛星都市形成の歴史にみるブラジル社会」日本ラテンアメリカ学会第24回定期大会、於神奈川大学

2003 Distrito Federal como um epitome do Brasil, FIEALC 2003 Osakaラテンアメリカ・カリブ海研究国際連盟第11回大阪大会、ポルトガル語発表、於大阪大学・国立民族学博物館

調査歴
2012年2月‐3月 サンパウロ資料館/ブラジリア連邦区衛星都市
2010年8月 ブラジリア連邦区衛星都市
2008年8月 ブラジリア連邦区衛星都市
2005年7月-2006年10月 ブラジリア連邦区衛星都市/北東部
2004年8月-12月  ブラジリア連邦区衛星都市
2003年8月-9月 ブラジリア連邦区衛星都市
2003年3月 ブラジリア連邦区衛星都市