人類学とは

人類学(社会 / 文化人類学)とは、人間の多様なあり方を、社会組織、制度、生活様式、思考様式、物質文化などに注目して研究する分野です。
人類学は、かつて「未開社会」と呼ばれた世界の周辺的な社会に見られる一見奇妙な風習、制度、神話、世界観などが、実際には合理的で深い哲学的な意味を持ち、 自然環境に適応したり社会を維持したりするうえで不可欠な役割を果たしていることを明らかにしてきました。
人類学の以前の典型的な研究は、都市から遠く離れたアマゾニアやオセアニアの農民や狩猟採集民のコミュニティなどに住み込んで、彼等の社会や文化を理解するといったものでした。 しかし、社会が絶え間なく変化し、新しい文化が常に生まれている現代の世界状況に応じて、人類学の研究もまた変化しています。 今では人類学者は、国際開発の現場や大都市の移民コミュニティ、新しいテクノロジーを生み出そうとしている実験室などで、新たな社会や文化が生成するプロセスを研究しています。
そのように変わりつつある一方、長期間のフィールドワークに基づき、対象とするものごとをその当事者(このなかには人だけでなく、動物や霊的存在、モノなども含まれます)の視点から捉えようとしたり、さまざまな分野との関連でものごとをトータル(全体的)に捉えようとしたりすること、それによって自らの視点や捉え方などを相対化しようとすることなどは、人類学のエッセンスもしくは醍醐味であり続けています。
大阪大学の人類学研究室は、「人類学」「科学技術と文化」という二つのユニットからなっています。
「人類学」は、人類学の専門分野全体をカバーする広い研究を、「科学技術と文化」はとくに科学技術と社会や文化の関係に注目した研究を行っています。
ただし、二つの分野は共同で教育にあたり、ゼミや授業、指導などは共同で行っています。 「科学技術と文化」研究分野は、他の大学にはない大阪大学のユニークな特徴です。
現代社会では、科学と技術(テクノロジー)はわれわれの生活を左右する重要な存在です。 科学や技術は、かつては合理性に基づく普遍的な知識と考えられており、地域や時代によって変化する社会や文化とは無関係だと考えられてきました。
しかし、東日本大震災での原発事故やSTAP細胞をめぐる諸問題からも明らかなように、現在では両者の間にさまざまな関係があることが意識されるようになってきました。しかし、その関係はまだまだ明確になっていません。文化や社会構造は科学技術にどのように影響を与えるのでしょうか?新しいテクノロジーは社会に対してどのような影響を与えるのでしょうか?科学者やエンジニアたちは普通の人々とは異なる独自のサブカルチャーを持っているのでしょうか?
科学技術の人類学は、文化や社会が科学と交差するありさまを、人々の具体的な活動や行為(これを人類学では「実践」と呼びます)に焦点を当てて研究してきました。人類学は、こうした具体的な行為の細部に注目することで、文化が科学に、科学が文化に影響を与え合う双方向的なプロセスを掘り下げて理解しようとするのです。
大阪大学の人類学研究室では、教員と院生たちが次のようなテーマに注目して、科学技術と文化・社会の関係を研究しています。
  • タイ、バンコク周辺地域における洪水防御システムの中における最新テクノロジー、
    伝統的な運河網、農村社会の相互作用
  • 再生医療研究におけるiPS細胞研究と日本社会の相互作用、iPS細胞を使った実験室における
    科学者の身体感覚、生命観、自然観
  • イノベーションの言説と実践が、日本の地域再生の中で果たす役割
  • 日本のSFにおける人間と機械の関係性およびSF的想像力とロボット工学の相互的な関係
  • 日本の糖尿病治療において薬剤が作り出す医療技術と患者の日常生活の間の相互作用
  • タイにおける土着の機械工業の発展と機械工集団の形成

  • 人類学
    栗本 英世
  • 中川 
    人類学
    中川 敏
  • 中川 
    人類学
    白川 千尋
  • 福岡まどか
    人類学
    福岡 まどか
  • ZGUSTA Richard
    人類学
    ZGUSTA Richard
  • 中川 
    科学技術と文化
    森田 敦郎
  • 中川 
    科学技術と文化
    池田 光穂 (兼任)
  • 中川 
    科学技術と文化
    大村 敬一 (兼任)
卒業生の進路
学部卒業生の主な進路・就職先は以下の通りです
  • 本学大学院進学
  • 東京大学大学院進学
  • 京都大学大学院進学
  • NHKエンタープライズ
  • CSKシステムズ
  • シービー・リチャードエリス
  • 住友化学
  • 住友電工情報システム(株)
  • 双日
  • 高島屋
  • (株)電通
  • ダイハツ工業(株)
  • トヨタ自動車
  • ピアス
  • ひかりのくに
  • 白夜書房
  • 富士通
  • 三井住友海上火災
  • (株)メタルワン
  • ロジワン
  • 国立民族学博物館
  • 小中学校職員
  • 豊中市役所
  • 日本国際協力センター
大学院前期課程修了者の主な進路・就職先は以下の通りです
  • 博士後期課程進学
  • 大阪大学職員
  • 立命館大学職員
  • 高槻市役所
  • 山口県立高等学校
  • 小松電子
  • 旭硝子株式会社
  • めいらく
  • ステブラン
  • 木下サーカス
大学院後期課程修了者の主な進路・就職先は以下の通りです
  • 大阪大学人間科学研究科助手
  • 大阪大学グローバルコラボレーションセンター特任助教
  • 大阪大学グローバルコラボレーションセンター専任講師
  • 大阪大学GCOE特任研究員
  • 国立民族学博物館助教
  • 国立民族学博物館機関研究員
  • 京都文教大学
  • 一橋大学社会学研究科専任講師
  • 神田外国語大学国際言語文化学科専任講師
  • 摂南大学外国語学部専任講師
  • 奈良大学社会学部専任講師
  • 法政大学大学院国際文化研究科准教授
  • 北陸大学未来創造学部専任講師
  • 名桜大学国際学部准教授
  • 国際協力機構(JICA)ジュニア専門員
  • NPO職員
  • 中日新聞社
  • BBC非常勤記者
学位論文
博士論文
【2015年度】
登 久希子
アヴァンギャルドの人類学-オルタナティヴ・スペースがつくる芸術とオルタナティヴ・スペースの芸術化
【2013年度】
椿原 敦子
アメリカ在住イラン人ディアスポラの集団形成-場とアイデンティティ概念の再検討
西垣 有
ポスト社会主義の都市と<都市的なるもの>-モンゴル、ウランバートル市における人類学的問題
【2012年度】
伊東 未来
多民族都市ジェンネの人類学的研究
大橋 美晴
国民化を通じて先住市民をつくる-ボリビア・コムニダにおける農村教師の教育実践の人類学的考察
久保 明教
ロボットの人類学-20世紀日本における機会と人間の可塑的な比較をめぐって
早川 真悠
ハイパー・インフレーションの人類学的研究-2008年ジンバブエにおける多元的貨幣現象
【2011年度】
上田 達
国民を作り上げる-現代マレーシアにおけるネーションの想像/創造に関する人類学的研究
奥田 若菜
貧困を生きる-ブラジル人路上商人の『正しさの規範』と『善さの規範』
竹村 嘉晃
神霊の生きる人々の『現在』-南インド・ケーララ州のテイヤム祭祀の実践者たちをめぐる民族誌的研究
【2009年度】
森田 良成
貧困を再理解する-インドネシア・西ティモールの廃品回収人の民族誌
李 俊遠
漁業における経済システムの変化に関する人類学的研究-ベトナムの観光都市サムソン市の事例を中心に
【2008年度】
加藤 敦典
統治のモラルの民族誌-『自主管理』の時代を生きる中部ベトナム村落住民の政治人類学的研究
山崎 吾郎
臓器移植医療と人体の経済に関する人類学的研究
吉田 竹也
バリ宗教と人類学:人類学的解釈学の探求
【2007年度】
黄 蘊
華人教団徳教の人類学的研究:マレーシアにおける移民と宗教のダイナミズム
村上 優子
オーストラリアコプト人の宗教的実践と理念
【2006年度】
太田 心平
韓国における現代政治史認識に関する人類学的研究-物語の統合と内破、そしてその先へ
木村 自
雲南回民の移住とトランスナショナリズムに関する文化人類学的研究
田沼 幸子
ポスト・ユートピアのキューバ-非常な日常の民族誌的研究
【2005年度】
中川 理
新しい社会経済的リアリティをつくる-フランスにおける地域開発の民族誌的研究
松川 恭子
『私たちのことば』を求めて-インド、ゴア社会における多言語状況の文化人類学的研究
修士論文
【2014年度】
油屋 求
インドにおける痘の女神
森 恵美
社会的記憶の身体論的研究
【2013年度】
Inagaki Barbara
社会変化の人類学
【2012年度】
杉山 由季
感情の人類学的研究
西山 萌
労働の人類学的研究
Liv Nyland Krause
Beyond Recovery in Post-Disaster Tohoku

Robel Haile Gebru
Materiality and the Ceremonial Value of Body Adornments in the Construction of Social Identities in Qohaito, Eritrea
【2011年度】
岡 信一
証明を巡るコンフリクト
古川 不可知
ネパール東部、ヒマラヤ南麓地域における観光とアイデンティティ
片 雪蘭
『真のチベット』をめぐるコンフリクト
松本 篤
メディア実践のイノベーション
山本 祥子
競輪をつくる、競輪に賭ける
【2010年度】
阿久津 真理
『真の治療師』をめぐる闘い
Dylan Southard
Development Monks and NGOs
【2009年度】
村中 英一郎
多民族国家ロシア連邦における言語政策
村松 都美
南部スーダンにおけるキリスト教の役割
鷲尾 崇
生物資源探査の人類学-ボルネオ島中部の抗ガン植物をめぐる一考察
Andrea Del Carmen Terron
Museums’ Role in Identity Representation: Ainu Museums in Japan
【2008年度】
藤井 真一
平和をめぐる『伝統』と『近代』の相克
權 允義
グリーン・ツーリズムをめぐるホストとゲストの意味の競合
【2007年度】
松崎 遼子
迷信から伝統へ-韓国巫俗の文化的価値付けをめぐる人々の実践
山本 文子
信念を研究対象とする際に生じる問題群の素描-ビルマにおけるナッ信仰の人類学的研究への新たな視座の獲得にむけて
吉津 佑紀
ヴィクトリアの英国性-『まなざし』の歴史的変遷にかかわる一考察
【2006年度】
奥山 寧子
南米イエズス会の布教
唐澤 佑子
ジプシー・アイデンティティの構築と動態に関する人類学的研究
佐保田 英作
中国農村および華僑華人ビジネスに関する贈与の考察
登 久希子
オルタナティブ・スペース”に関する人類学的考察
【2005年度】
伊東 未来
西アフリカの泥染め・ボゴランの近代化
李 俊遠
ベトナムにおける市の歴史と変化について
大橋 美晴
ボリビア近代国家建設における国民教育の普及と先住民形成
久保 明教
現代ロボティクスについての人類学的考察
来田 淳
メキシコにおける巡礼に関する一考察
田口 陽子
『インド料理』と公共性
椿原 敦子
テヘランジェルス

PAGE TOP